ネット上で広がるいじめ

Written on 2014年4月24日 – 5:26 PM | by admin |

最近では、学校の間でもスマートフォンの所持が当たり前の時代になっていて、他の生徒とネット上でのソーシャルネットワークを通じて、人間関係が築ける時代に突入したことが世間に取り沙汰されています。
昔は他の生徒と友達になる過程において、必ずお互いに顔を合わせて人間関係を築いていくので、お互いの話によって相手の性格の内容をしっかり把握して、人間関係に関して節度を持った生活を送れていた時代であった事です。
しかし、ネット上でのやり取りは文字が中心となるために、相手を知らずにどのような内容の文でも平気で送れてしまう事によって、いじめの発生の原因にまで発展したことです。
学校の教育現場でも、生徒のスマートフォンでの文字のやり取りに関して、生徒のプライベートな所の範疇であるので、生徒の一人一人のスマートフォンを点検するわけには行かないのです。
従って、教師や他の生徒の見えない所でどんな内容の文を送っても、教師に気づかれないので、文字のやり取りによるいじめの勃発のきっかけになった事です。
メールを送った側に関して、本当の怨念などはなくて、遊び心でメールを送っている事がほとんどです。
些細な事で気に食わないメールを送られた人が、いじめられていると認識して、不登校の原因となってしまうわけです。
教師側の対策として、スマートフォンの使用の制限などの対策に乗り出しています。
また、ソーシャルネットワークの運営者側が、気に食わない友達を消すという機能もつけています。

不登校フリースクール対応

Written on 2014年4月24日 – 5:16 PM | by admin |

近年では、学校に行くことが苦手な学生でも、気軽に学校に行くことができるようになってきています。
その理由はフリースクールの存在です。
この学校は、普通の学校とは違い登校時間もバラバラで自分の好きな時間に投稿することができます。
ある意味では、大学のように、時間にゆとりのある授業日程を組むことが出来ます。
そのため、人とかかわるのが苦手な人や、あまり学校などの、公共施設が苦手な学生さんに向いています。
そのため、不登校学生などに人気が高まっています。
そのため、中学校や高校などがしっかり対応をしてくれるので、安心して、対応サポートをする事が出来ます。
そして、フリースクールの最大の特徴としては、ある一定時間の学校に登校すれば、卒業資格を手に入れることが出来ます。
■参考
中学生対象のフリースクール
中学生向けのフリースクールや塾が見やすくまとめられています。
家庭教師ダイレクト
全国の家庭教師を探せるシステムです。なので、不登校学生などや、学校の苦手な学生に優しい学校になっています。
そのため、一昔前では、不登校学生は、学校に上手くなじめず、次第に学校から足が遠のき不登校になってしまいます。
そのため、このようなフリースクールという、誰でも、自分のペースで通うことの出来る、学校が近年多く運営されるようになって来ました。
このような結果不登校学生が、急激に減少して、多くの若い人に貢献されています。
また、保護者の方からも、多くの支持を得ています。
このように、少しづつ世間からの認知されるようになってきています。
このような学校は、主に、ビルなどにあり気軽に入ることも出来ます。新たな、学校のスタイルが出来ています。

嫉妬が形を変えいじめになる瞬間

Written on 2014年4月24日 – 4:57 PM | by admin |

いじめ問題は、特に中学校や高校でのことがクローズアップされます。
しかしこの問題は、思春期特有の問題ではないのです。
生きている限り、人間が集まる場所であれば、大なり小なり起こり得る問題でもあるのです。
何かが人と違って、特にその人が優れている場合、その優れている人がターゲットになりいじめの対象となることがあるのです。
容姿に優れていたり、才能に優れていたり、仕事や勉強がよくできるなど、こういう人は人から妬まれたり、嫉妬の対象になるのです。
どうあがいても自分がその人に及ばない、その人を追い越すことができないと感じた時、その羨望が形を変え、いじめとしてそのストレスが発散される訳なのです。
要は自分に自信がなく、コンプレックスや劣等感が強い人が、加害者になるケースが多いのです。
そのため、世で言う美男美女や天才秀才は、敵も多く孤独である人が多いのも事実なのです。
しかし被害者側も、泣き寝入りばかりしている訳にはいきません。
やはり被害に遭わないためには、自分が強くなるしかないのです。
美男美女で、メンタルも強く、頭も良ければ、世の中で怖いものなどなくなってしまいます。
また一度でも被害を受けた人は、人の苦しみ、悲しみ、辛さが理解できる優しい人になっていくことに間違いはありません。
このようにいじめを受けたからといって、悲観的になり泣き寝入りするのではなく、加害者側を可愛そうな人だと思えるようになれば、いじめられる度にそれを苦に思わなくなっていくのです。